スポンサードリンク

【カルピス酸乳 アミールS(200ml PET×24本)】カルピス アミールS 高血圧
スポンサードリンク

おなかの内側の脂肪、肥満症、高血圧の随伴症状に【送料無料】ナイシトール85 180錠×3個【第2...

生活習慣の改善

高血圧食事対策は生活習慣病の予防など、健康生活には欠かせないものになっています。
高血圧はさまざまな病気の源とも言われます。合併症によっていろいろな病気をもたらすからです。最近注目を浴びている「メタボリックシンドローム」も内臓脂肪型肥満に高血圧、高脂血症、高血糖などが合併した状態のことをいいます。健康的な生活を送るには高血圧はなんとしても改善しなければなりません。
高血圧対策は日常の生活習慣の改善で行います。医療機関で治療して一時的に改善しても、生活習慣が改善されなければまた再発してしまうからです。改善するものとしては運動不足の解消、禁煙、禁酒、適度なストレスの解消などが挙げられますが、やはり大事なのは食事です。

 北海道産[特選]【根昆布】●200g●高血圧の方などにお勧め。栄養価値が高く昆布水などに

高血圧食事には工夫が必要

高血圧食事でもっとも気をつけなければならないのは塩分の取りすぎです。ただでさえ日本人は塩分の摂取量が多いと言われているので、日常生活の食事で塩分を控えるよう意識するのは重要になります。
一日の塩分摂取量の目安は一般人で10g未満。高血圧の場合は6g未満といわれています。
しかしこれが意外と難しいのです。たとえば日本人の基本料理、味噌汁。これが大体1.2gの塩分が含まれているといわれます。つまり、一日3食、味噌汁を飲むだけで3.6gの塩分を取ってしまうことになるわけです。
このため、高血圧食事には工夫が必要です。たとえば野菜。野菜は体内の塩分を排出する食物繊維やカリウムを含んでいます。野菜を多く食べるように心がければ体内の塩分を減らすことができます。
それからカロリーにも注意が必要です。脂肪分の多いもの、甘いものは要注意です。日常の食事でいえば揚げ物や漬物、干物などがこれに当たります。これらは高血圧食事には向きません。

工夫をこらした料理

正直、高血圧食事は味気なく、厳しいものがあります。これまで濃い味付けになれていた人にとってはなおのことしんどいはずです。しかし食事は楽しむものでもあります。あまり味気ないものばかりを食べていてはいつか我慢の限界が来てしまい、続かなくなってしまいます。ですから、肉を食べる時には脂分を除くとか、味の濃い海苔などを食べるようにして少しでも食事を楽しめるよう工夫が必要です。また、そういった工夫をこらした料理が話題を呼ぶことも多くなっています。肉そっくりの味になる「こんにゃくステーキ」が一時期話題になりました。こういった料理の情報を書籍やネットで収集し、おいしく、しかもヘルシーな高血圧食事を作ることで高血圧改善を目指すのが一番の対策となります。
どちらにしろ高血圧は短期間ではなかなか改善できるものではありません。改善の対策をどれだけ生活習慣にできるかがポイント。そのためにも高血圧食事の充実は欠かせないものになるでしょう。

高血圧食事